着物のメンテナンス

半衿の手入れ

半衿の取扱いを紹介します。引き続き使うなら長襦袢につけたまま丸洗いでOKです!
半衿

長襦袢 半衿と袖 

ここでは、より簡単に半衿の付替えをしたい方に便利な長襦袢をご紹介します。 長襦袢と半衿がファスナーで対になっていて肌着(長襦袢)と半衿をすぐに取り変えたり、外して洗うことができます。
お茶会

お茶会での着こなし

ルールを目安にして気候や気温、地域、体調に合わせて臨機応変に対応しましょう。
着物のメンテナンス

着物の手入れと保管

きものを着たあとに最低限自分でできるアフターケアを紹介します。また、やってはいけないことを知っておけば、適切にきものを管理し、専門店に手入れを依頼します。
着付け

自分できものを着る 男性(きもの編)

冬場は特に見た目も大切。寒そうに見えてはかっこよさもどこへやら・・。羽織をきてかっこいい男物のきもの姿の完成!羽織紐も忘れずに。
浴衣

自分で浴衣帯 着方

自分の体型に対して浴衣に結ぶ為の帯を腕を使って把握しておきましょう。
半衿

最近の半衿 選び方

ママ振袖では小物アレンジは必須!特に最近は、白ではなく色があったり、刺繍が入っていたり、レースだったり、、、様々な種類があります♪
着付け

自分できものを着る 男性 (襦袢編)

長襦袢は着姿の土台になります。長襦袢をしっかり着用する事でカッコイイ着物姿になり、着崩れの防止にも繋がります。長襦袢は外から見える部分は衿元だけですが、着物の色味やポイントとして色柄のコーディネートを楽しむ事が出来る場所です。
着付け

着付け 喪服 

喪服一式、喪服の着こなしの注意点を紹介します。
着付け

浴衣 着方

自分でできる浴衣の着付け-紐とコーリンベルトを使った浴衣の着方編-