着付け

着付け

浴衣 着方

自分でできる浴衣の着付け-紐とコーリンベルトを使った浴衣の着方編-
着付け

着付け おはしょり コツ

ポイントは、止める位置が体格と着物の寸法によって違うことを理解して着ること。 基本的に体の腰骨の少し上あたりで着物を掛け合わせます。
着付け

着付けの仕方 長襦袢

着物を着る前に、まず長襦袢を着ます。 長襦袢の色は、白または淡い色目のものが無難です。
着付け

自分できものを着る 男性(きもの編)

冬場は特に見た目も大切。寒そうに見えてはかっこよさもどこへやら・・。羽織をきてかっこいい男物のきもの姿の完成!羽織紐も忘れずに。
着付け

自分できものを着る 男性 (襦袢編)

長襦袢は着姿の土台になります。長襦袢をしっかり着用する事でカッコイイ着物姿になり、着崩れの防止にも繋がります。長襦袢は外から見える部分は衿元だけですが、着物の色味やポイントとして色柄のコーディネートを楽しむ事が出来る場所です。
着付け

着付け おはしょり

自分できれいに着物を着る方法 襦袢~きもの~おはしょり
入学式・卒業式

入学式・卒業式のきもの

親の装い~知的に上品で控えめな装い~ポイントを紹介します。
着付け

着付け 子供 ~お茶会~

お茶会(立礼式)のお手伝い!髪型もばっちり!子供はじっとしていません。絶対にはしゃぎますので着崩れしてきたら衿を小まめになおしてあげましょう!
着付け

着付け 喪服 

喪服一式、喪服の着こなしの注意点を紹介します。
訪問着の着付け

着付け 訪問着

仮絵羽を仕立てて模様付けし、広げると一枚の絵画のように模様が染められています。(絵羽模様)訪問着は、上半身に模様があるので色留袖に比べて華やかに見えます。