付け下げ

付け下げと訪問着

付け下げは訪問着に近いきものです。着尺で市販されていますので仮絵羽の形で売られている留袖や訪問着と区別できます。
着付け

着付け 子供 ~お茶会~

お茶会(立礼式)のお手伝い!髪型もばっちり!子供はじっとしていません。絶対にはしゃぎますので着崩れしてきたら衿を小まめになおしてあげましょう!
着物のメンテナンス

着物の手入れと保管

きものを着たあとに最低限自分でできるアフターケアを紹介します。また、やってはいけないことを知っておけば、適切にきものを管理し、専門店に手入れを依頼します。
着付け

自分できものを着る 男性 (襦袢編)

長襦袢は着姿の土台になります。長襦袢をしっかり着用する事でカッコイイ着物姿になり、着崩れの防止にも繋がります。長襦袢は外から見える部分は衿元だけですが、着物の色味やポイントとして色柄のコーディネートを楽しむ事が出来る場所です。
入学式・卒業式

入学式・卒業式のきもの

親の装い~知的に上品で控えめな装い~ポイントを紹介します。
十三詣り

着付け 十三詣り

気軽に「ママ振り」の前哨戦!? 家族の振袖を仕立て直して文化を楽しもう!!
着付け

着付けの仕方 長襦袢

着物を着る前に、まず長襦袢を着ます。 長襦袢の色は、白または淡い色目のものが無難です。
浴衣

自分で浴衣帯 着方

自分の体型に対して浴衣に結ぶ為の帯を腕を使って把握しておきましょう。
浴衣

浴衣 きれいな着姿のコツ

浴衣を自分で着よう!と着つけてみたものの、 「何となくパッとしない…」 「なんだか、きれいに見えない…」 という方のためにきれいに見えるコツをご紹介します。
着付け

自分できものを着る 男性(きもの編)

冬場は特に見た目も大切。寒そうに見えてはかっこよさもどこへやら・・。羽織をきてかっこいい男物のきもの姿の完成!羽織紐も忘れずに。