着付け

着付けの仕方 長襦袢

着物を着る前に、まず長襦袢を着ます。 長襦袢の色は、白または淡い色目のものが無難です。
半衿

最近の半衿 選び方

ママ振袖では小物アレンジは必須!特に最近は、白ではなく色があったり、刺繍が入っていたり、レースだったり、、、様々な種類があります♪
半衿

半襟(半衿)の付け方 動画

「半襟」「半衿」、どちらも正解で、漢字で書きます。 着物の下に着る下着「長襦袢」(ながじゅばん)に付ける「襟」~えり~の事です。
着付け

着付け 喪服 

喪服一式、喪服の着こなしの注意点を紹介します。
ママ振り

ママ振袖 ママ振り

きれいに着こなすためには、サイズが本人に合っていることが必須条件。レンタルの場合仕立て直すことはできませんが、ママ振袖であれば仕立て直しを依頼することができます。
着物のメンテナンス

半衿の手入れ

半衿の取扱いを紹介します。引き続き使うなら長襦袢につけたまま丸洗いでOKです!
浴衣

浴衣 きれいな着姿のコツ

浴衣を自分で着よう!と着つけてみたものの、 「何となくパッとしない…」 「なんだか、きれいに見えない…」 という方のためにきれいに見えるコツをご紹介します。
半衿

長襦袢 半衿と袖 

ここでは、より簡単に半衿の付替えをしたい方に便利な長襦袢をご紹介します。 長襦袢と半衿がファスナーで対になっていて肌着(長襦袢)と半衿をすぐに取り変えたり、外して洗うことができます。
訪問着の着付け

着付け 訪問着

仮絵羽を仕立てて模様付けし、広げると一枚の絵画のように模様が染められています。(絵羽模様)訪問着は、上半身に模様があるので色留袖に比べて華やかに見えます。
着付け

自分できものを着る 男性(きもの編)

冬場は特に見た目も大切。寒そうに見えてはかっこよさもどこへやら・・。羽織をきてかっこいい男物のきもの姿の完成!羽織紐も忘れずに。