十三詣り

着付け 十三詣り

気軽に「ママ振り」の前哨戦!? 家族の振袖を仕立て直して文化を楽しもう!!
補正

着付け 補正

きものの着物姿が悪いとはシワがあるといってもいいくらいきれいに見えません。 着物はそもそも平面の生地でまっすぐな直線断ちなのでそのまま着るとあちこちにシワができます。
なので着物では、くぼみを補ってから着るとシワが消え、見栄えがよくわけです。
着物のメンテナンス

きもの 襦袢 たたみ方

着終わったきものの収納や長期保管のときにきれいにたたみたいときに役に立つきもののたたみ方を動画で紹介します。 ポイントは袖の片方を先に折り込んでたたむときれいで早くたたむことができます。
着物のメンテナンス

着物の手入れと保管

きものを着たあとに最低限自分でできるアフターケアを紹介します。また、やってはいけないことを知っておけば、適切にきものを管理し、専門店に手入れを依頼します。
浴衣

自分で浴衣帯 着方

自分の体型に対して浴衣に結ぶ為の帯を腕を使って把握しておきましょう。
お茶会

お茶会での着こなし

ルールを目安にして気候や気温、地域、体調に合わせて臨機応変に対応しましょう。
半衿

半襟(半衿)の付け方 動画

「半襟」「半衿」、どちらも正解で、漢字で書きます。 着物の下に着る下着「長襦袢」(ながじゅばん)に付ける「襟」~えり~の事です。
着付け

着付け おはしょり コツ

ポイントは、止める位置が体格と着物の寸法によって違うことを理解して着ること。 基本的に体の腰骨の少し上あたりで着物を掛け合わせます。
着付け

自分できものを着る 男性 (襦袢編)

長襦袢は着姿の土台になります。長襦袢をしっかり着用する事でカッコイイ着物姿になり、着崩れの防止にも繋がります。長襦袢は外から見える部分は衿元だけですが、着物の色味やポイントとして色柄のコーディネートを楽しむ事が出来る場所です。
着物のメンテナンス

半衿の手入れ

半衿の取扱いを紹介します。引き続き使うなら長襦袢につけたまま丸洗いでOKです!